代表挨拶

節義

人生は神楽。

神への奉納ならば、その場その時の最高のものを。

人それぞれに演じるべき役割があり、それを真剣に果たそうとする努力。

日々の時間をそこに注ぎ続けること。

そのような生き様を規範とした社会を私は創りたい。

創業の想い

IT業界では、技術職の方が心身を病んでしまうことが非常に多いです。

一旦心のバランスを崩してしまうと、フルタイムの職場で働くことや混雑した電車に乗ることが厳しくなり、再就職の際も採用を敬遠されるようになります。

当社の創業当時は、インターネット上で在宅の仕事を探しても、持っているスキルを不当に安く買い叩かれてしまう状況がありました。

ITエンジニアは、技術が好きでそれを職業としている人が多く、働きづらい体になっても、自分のスキルで何かしら社会の役に立ちたい、仕事をしたいと思いっている人が大半です。

そこで、スキルはあるけれども働き方に制約のあるITエンジニアの方に「納期がゆるくて在宅でできる代わりに、リーズナブルなフィーで開発をしてもらおう」ということで、中小企業向けの業務システムの受託開発事業を始めました。

人手不足だからといって、オフショアにリソースを求めるのではなく、働きたいけれども状況的に困っている日本人がいるなら、そのリソースを活用したかったのです。


一方、多くの中小企業にとって、システム開発が急務であるという状況は稀ですが、システムを導入した方が結局のところ財務的にメリットがあるケースが数多あります。

しかしながら、中小企業経営者の多くはITリテラシーが乏しい。

そこにつけこみ、クライアントにとっての財務メリットまできちんと考えない業者がIT業界には跋扈している。

日本企業の生産性が低いことの一因がここにあり、どうにかしなければと思っていました。


そのような背景があり、IT業界からドロップアウトしてしまった人材への雇用の創出、中小企業のリーズナブルなIT化、これら2つをマッチさせることが創業当時の事業コンセプトでした。

ステークホルダーの皆様へ

当社のお客様には、創業100年を超える企業や業界内では著名な企業も複数あり、当社は零細企業ながら東京神奈川エリアに於いてご愛顧いただいております。

生産性向上は、詰まるところ人材の問題でもあり、優秀な人が御社内にいさえすれば、解決する問題も多々あります。

当社では、IT関連事業の他に教育事業を1つの柱とし、人材開発、組織開発に関するソリューションも提供させていただいております。

業務効率化、社員の能力向上といった問題意識をお持ちの経営者の方、当社のコンセプトにご賛同いただけるようでございましたら、ぜひご連絡をお待ちしております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

合同会社鷹睡
CEO 豊福良太

コーポレートアイデンティ

社名の由来

菜根譚の一節、” 鷹立如睡、虎行似病。正是他攫人噬人手段処。故君子、要聡明不露、才華不逞。纔有肩鴻任鉅的力量。” から字をいただきました。

「鷹が木に留まっている姿は眠っているようであるが、それは獲物を欺くためである。立派な人こそ、その才能をひけらかさないことが必要である。そうでなければ大事は成し得ない。」といった意味です。 転じて、陰ながら世に必要とされるプロフェッショナルであろうという想いを込めて命名致しました。