有限会社渡邉寫眞社 様

写真レタッチおよび印刷自動化プログラムの開発

渡邉寫眞社様写真1

渡邉写真社について教えてください

渡邉寫眞社様写真2日本のコマーシャル・フォトの先駆けとしての仕事を私の祖父が国内の大手企業を相手に始めたのが当社の創業当時の事業です。その頃は日本橋にスタジオがあったそうです。今の人物撮影とは全く異なる事業だったようですね。その後、父が祖父の事業を継承し、結婚をきっかけに横浜市鶴見区に本社兼撮影スタジオを建ててからが、写真館としてのスタートでした。そして、横浜そごうがオープンする際、テナントとして入らせてもらったことを機に法人化し、現在に至っています。

どのような業務のシステム化を依頼しましたか?

受験シーズンに願書用の証明写真の印刷作業が大量に発生しますが、それらを自動化するシステムの開発をお願いしました。これは私の中で夢だったのですが、本当に現実になりました。


システム化を依頼した経緯を教えてください

父の代までは職人芸でお金を稼ぐ時代でしたが、私の代に替わってからは、職人気質を残しつつも効率化を追求しています。年に何度かあるピークの時期に社員が毎日遅くまで残業を強いられるような状況を解消したいと常々思っていました。


システム化を委託する会社を、どのような基準で選びましたか?

これまで色々な会社に提案を依頼してきましたが、技術的な壁に突き当たってしまったり、センスを感じなかったり、法外な金額の見積であったりで、ずっとシステム開発を見送ってきました。ほとほと困っていたところに信頼している方から鷹睡さんをご紹介いただきました。提案に非常に納得感があったので、即答でお願いさせていただきました。後から見積を見て「この値段でいいのですか?!」というのが正直な印象でした。


システム化の過程で、印象に残っていることはありますか?

良くも悪くも完璧主義者の私の依頼に対して、イエスマンになって何でも対応するのではなく、毎回シンプルかつ合理的な提案をしていただけたことがとても嬉しかったです。また、スタッフが機能をすぐに理解して直感的に使えるものを作っていただけたことも非常に良かったです。


完成後のサポートやメンテナンスはいかがでしたか?

何か問題が起きた時、次の日には対応が完了しているくらいサポートが速く的確です。


システムを導入して、どのような効果がありましたか?

時間がかかる単純作業を自動化できたので、人にしかできない作業に社員が時間を使うことができるようになりました。ピークの時期であれば、1ヶ月で4、50時間の労働時間の削減につながっています。


契約面など何か不安なことはありましたか?

これまで接してきた開発会社と比較して、契約書などがしっかり整備されていて安心感がありました。


現在システム化を考えている中小企業経営者の方へ、アドバイスをお願いします

渡邉寫眞社様写真3「できないだろう」とか「高いだろう」と思って諦めてしまわずに、まずは鷹睡さんに相談してみては如何でしょうか。鷹睡さんがほぼ全てやってくれますよ。


今後の当社(鷹睡)への期待

今のフットワークの良さを維持しながら、これからもかゆいところに手が届くサービスを提供していってください。


御社の今後の展望

私が代表に就任して4年目に入りますが、これから更に業績を伸ばすために、もっと業務を効率化しなければならないと考えています。社内の体制や仕組みを整備することで、お客様によりご満足していただき、社員にももっと幸せになって欲しいと思っています。